株式会社リプロエージェント代表取締役、社会派コラムニスト、feminism activistとして活動する勝部元気のオフィシャルサイト。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 主張・提案

主張・提案

いるいる!趣味の世界を荒らす、見下しマウンティングおじさんたち

 趣味の領域でやたら他人を見下している人、いませんか? 意識だけ不当に高く、何かにつけて正論を振り回して自分よりも立場が下だと感じた他人を口撃する「見下しマウンティングおじさん」たち。女性にもいますが、基本的には男性、若 …

バレンタインデーはもう要らない!は7割に~消費主義と因習を問い直す時代へ~

 2月14日、バレンタインデー。残念ながら今年は平日ということもあって、「義理チョコ」ならぬ「義務チョコ」をあげなくてはならないということに辟易している女性も多いと思います。もらう男性の側も、心理的負担やお返しの負担のほ …

女児のスカートめくりという性的虐待を父親の知人や親戚がしている日本の実態

 少し前になりますが、2017年1月4日放送の「ホンマでっか!?TV 」(フジテレビ系)のお正月スペシャルを観ていたところ、タレントのIMALU氏がスカート嫌いになったのは、幼い頃に俳優の堤真一氏等がスカートをめくって「 …

子宮頸がんを日本人特有の「ガラパゴス疾病」にして良いのか?

◆HPVワクチンは男性接種の時代へ  先日、アメリカがん協会がガイドラインを更新し、「HPVワクチン(≒子宮頸がん予防ワクチン)は女性だけではなく、男性への接種も推奨できる」という見解を発表しました。  オーストラリアで …

高畑容疑者が抑制できなかったのは「性欲」ではなく「性暴力欲」です

 前回の記事『高畑容疑者関連の報道、マスコミのセカンドレイプ助長がひどすぎる』は、俳優の高畑裕太容疑者強姦事件に関するマスコミの報道が非常に問題だという話を取り上げて、大きな反響を頂きました。  ですが、その記事を書いて …

高畑容疑者関連の報道、マスコミのセカンドレイプ助長がひどすぎる

俳優の高畑裕太容疑者が強姦事件を起こしたことがニュースでも大々的に取り上げられていますが、この事件に関するマスコミの報道が非常に問題だと感じています。 ■プライベート侵害を助長する報道 まず、報道各社が被害者の年齢や勤務 …

炎上しても言う。リオ閉会式の東京PR動画で“女子高生”を出すキモさ

 前回、五輪閉会式・東京PR動画に対して苦言を呈したら炎上してしまったとお伝えしましたが、短文だと分かりにくいので、女子SPA!さんで機会を頂戴して文章にさせて頂きました。  炎上するということはそれだけ炎上させている側 …

五輪閉会式の演出に苦言を言ったらニュースになってしまった

 五輪の閉会式の演出にTwitterで文句を言っていたら炎上してトレンド入りして、かつネットニュースになってしまいました…  演出は全体的に良かったのに、冒頭のムービーでまたもや日本にありがちの制服姿の女子高校生を起用し …

フェミニスト宣言のオバマ大統領が「女の子は控え目に」という偏見にNOを叫ぶ

オバマ米大統領が2016年8月4日、女性誌「グラマー」に寄稿した「これがフェミニストの顔」と題したエッセーが日本でも称賛の的になっています。若い女性読者に向けてエールを送ると同時に、男性がフェミニストであることの重要性や …

沖縄女性遺棄事件、「予防としての風俗活用案」は最悪の愚策です

 今月(2016年5月)発覚した沖縄女性遺棄事件に絡めた元大阪市長・橋下徹氏の発言が波紋を呼んでいます。  橋下氏は3年前に「性犯罪予防としての風俗活用案」を提案し、様々な批判を浴びた末に撤回したのですが、今回「やっぱり …

1 2 »
  • facebook
  • twitter

スポンサーリンク



PAGETOP
Copyright © 勝部元気オフィシャルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.